どんな人が受けられる?消費者金融の審査

消費者金融の融資、どんな人でも受けられるといったわけではありません。
消費者金融によって、いろいろな融資プランを用意していますが、基本的には

「18歳以上であり、安定した収入がある」
「ブラックリストに掲載されていない」
といった条件をクリアしていれば融資を受けることができます。

今回は、消費者金融の審査についてご紹介していきたいと思います。

≪PR≫借金返済で頼りになる法律事務所

学生やアルバイトでも受けられる融資?

学生やアルバイトでも受けられる融資もあります。
消費者金融の中には、「学生ローン」などを準備している企業もあります。ただし、アルバイトをしており、定期的に収入があるなどの条件が必要になる場合がほとんどです。
主婦であっても、パートなどの収入がある場合、融資を受けることができます。
大切なのは、「安定した収入がある」かどうかです。

もちろん、収入が少ない場合でも安定収入がある場合は融資を受けることができます。
※18歳以下の人には融資をしている消費者金融はありません。

審査の際に必要なものは何?

消費者金融の審査の際には以下のものが必要になります。

  • ・氏名
  • ・住所
  • ・電話番号(携帯電話、自宅電話など)
  • ・収入証明書(給与明細、確定申告書など)
  • ・融資の目的(口頭で聞かれる場合が多いようです)
  • ・他社からの借り入れ状況(何社から、いくらくらいを聞かれます)
  • ・印鑑

基本的にこういったものを準備しておくと、審査から融資までスムーズに行うことができます。

融資の額はどうやって決まる?

消費者金融から受ける融資の額、もちろん、申し込みの段階で希望することができます。
しかし、改正貸金業法により、「年収の三分の一以上は借り入れができない」といったことを定めた、
「総量規制」が施行されるようになりました。
つまり、あなたが年収600万円の場合、200万円を超える融資は法律により禁止されているのです。

融資を受ける場合、同じ年収で同じ額の融資を希望しても、同額の融資にならないケースがあります。これは、個人の信用情報が大きく関わってくるからです。

融資を受けた経験がある人でも、少額の融資を受けて、それを確実に返済している人は信用情報が高い為、融資額も高くなります。 一方、複数の消費者金融から多額の借金をしており、返済が滞っている場合は融資の額が少なくなるケースがあります。

以上のようなことが消費者金融の審査の際には関わってきます。消費者金融を利用しようと思っている人は、是非参考にされてみてください。